自分らしくいきいきと輝きたい女性のための ライフプランサポート

menu

50代から考える明るいセカンドライフのはじめ方|池田幸代

お財布を替えて、金運アップ!(1)

 

もうすぐ、お正月ですね。

 

 

22日が終了式だったので、

今年はちょっぴり長めの冬休みです。

 

 

縁起のいい春財布

 

金運をよくしたかったら、

「お財布を替えなさい」

よく言います。

 

「張る」につながることから

春財布は縁起がいいといわれています。

 

お財布については

かなり勉強をしてきたので、

連載をしたこともありました。

 

本屋さんにも

お財布についての本が

結構並んでいます。

 

と言いますが、

1月1日から2月の立春まで

指します。

 

一番いいのは

大寒から立春までの間

 

いまからお財布を

探しても十分間に合います。

 

今回はお財布選びのエッセンスを

お届けします。

 

 

 

 

どんなお財布がいいの? 形編

 

二つ折りよりも

長財布のほうがいいとされています。

 

女性はバッグの大きさによっては

長財布は困ることが多く、

コンパクトなものを使う方もあります。

 

お金、特にお札を大事に扱いたい。

折り目をつけたくない、

きれいなままで

と思うと、どうしても長財布になります。

 

お札がピンとしていると

うれしくなりませんか?

 

 

 

 

お財布の色

 

避けたい色といいます。

 

赤は「炎」を

青は「水」を連想するため

貯まりにくいものになるそうです。

 

言われてみれば

バーゲンのときのポップは赤ですね。

 

赤は食欲を増進させる色でも

あります。

 

お買い物の意欲をそそる

一因になるかもしれませんね。

 

「自分がこうなりたい」という目標別で

色を選んでみるのもいいですね。

 

すでにお金持ちになっている人が

持つ色です。

 

全ての色を吸収して、安定を図ります。

男性のお財布に多く、

お金持ちが一番持っている色です。

 

 

リセットするのにむいています。

これから金運を変えたい人は思う人には

いいですね。

 

 

金色

タイミングがよくなる色です。

 

シルバー

将来使えるお金を増やします。

 

金色やシルバーのような

キンキンギラギラな色は

ギャンブル好きな人には不向きです。

 

出ていくお金がふえると

いわれています。

 

 

茶色

土の色で

お金を育てる運気が強くなります。

 

男性用ですと

黒と茶色がおすすめです。

 

おつきあいのある男性の社長に

お財布のお話をすると、

 

ヴィトンの茶色のタイガを

お求めになられました。

 

お仕事順調ですよ。

 

 

一時期、黄色のお財布が流行りました。

 

黄色

楽しみごとをふやす色です。

 

入ってくるお金も多いのですが、

出ていくお金も多くなります。

 

黄土色柔らかい黄色だと

幾分出ていくお金が緩和されます。

女性ならライトイエローが

おすすめです。

 

 

ピンク

人間関係をよくする色です。

 

子宮の色なので、見ると

安心感をおぼえるのだそうです。

 

女性はおごってもらえたり、

玉の輿にのる財布になるそうです。

 

 

自分のステイタスを上げる色。

金運よりも出世でしょうか。

 

 

買うときの注意

 

できれば、

うれしいことや買おうと思っている日に。

 

 

安いからという理由や

なんとなくここが気に入らないと

いうものは避けたほうがいいでしょう。

 

 

また、ブランドものを

ムリして買う必要はありません。

 

ムリをして買った財布は

ムリをして支払う財布になると

いいます。

 

 

お財布は

お金のおうち。

 

気に入ったものが

一番です。

 

次回の投稿の31日も

お財布のおはなしをいたします。

 

 

 

関連記事

Follow SNS

電話カウンセリングのボイスマルシェに、専門家として参加しています