自分らしくいきいきと輝きたい女性のための ライフプランサポート

menu

50代から考える明るいセカンドライフのはじめ方|池田幸代

ブログを始めた理由

お金と老後のお困りごとコンシェルジュの
池田幸代です。

プロフィール 1

このブログの目的は
介護や相続対策などで日々たいへんな思いを
している方の参考にしてもらえたら・・・
というのがきっかけです。

現在のところファイナンシャル・プランナーを
業としては始めていません。

日本FP協会九州ブロックの無料相談会
当番制でアシスタント相談員で参加しています。

また所属している日本FP協会福岡支部で
一般消費者向けのイベント
2月21日(日)久留米で開催いたします。

第4回 FPフォーラム in 久留米
~くらしとお金のセミナー&相談会~
ひとりひとりの夢をかたちに・・・。

私は福岡支部の運営委員でもあり、
今回このイベントを企画運営しております。
情報を随時お知らせいたします。

 

この家の事情を知る

自分自身、たいへんなところに嫁いでしまった
と思っています。

以前から不動産関係の勉強には興味がありました。
しかし売買の不手際から所有権移転登記が
できていない事実を義母から知らされ、ビックリ!

自分なりに閉鎖登記簿を請求したり、
登記名義人表示変更登記を自己申請するうちに
「おもしろい」と思うようになりました。

宅建を取得した後、予備校に通学して
司法書士の受験勉強を始めました

 

周囲の人たちからは、かなり驚かれました。
実家の両親は猛反対でした。

でも、アメリカに渡って頑張った祖父を思うと
「土地がかわいそう」だと感じていました

信頼できる司法書士の先生に出会い、ご紹介の後に
3年前に提訴して問題の土地は無事に所有権移転が
できました

50年ちかく解決できなかったことだったので、
喜んだのは義母と亡き祖父でした。

夫の両親の介護を選択したために
試験には合格できなかったけれども、
法律を勉強してよかったと思いました

 

土地を守るのは至難の業

相続税の控除額が縮小され、
広く浅く課税されるようになりました

土地は持っているだけならばお荷物です。
固定資産税や管理で費用がかかります
「利用してなんぼ」だと思っています

先日、ある不動産会社を経営される方が
ご夫婦で年間1000万円くらいは納税する
と話しておられました。

「えっ~!!」と驚かれる方が多いと
思いますが、そういう世界です。
見た目以上にたいへんですよ

晩秋の田んぼ

先祖代々の土地を減らさずに守るには
金融、不動産、税務、法律の知識が必要です

自分に必要だったことと
他人の口車に乗って失敗したくなかったので、
勉強せざるを得ませんでした。

 

できれば知識を活かしたい

受験勉強は精神疾患のある義父をかかえ、
ある年は試験の2週間前に転倒して骨折。
退院後は肢体不自由の身障者になりました。

8年前には義母が脳卒中で右片麻痺になり、
在宅介護で二人みることになりました

そういった理由で受験勉強そのものが
できなくなり、試験を断念したのです。

読書

介護にいたっては20年以上の歳月が
流れました

まだ終わりは見えてきません

仕事として100%取り組めなくてもいいから
とっかかりを作りたい・・・。

そんな中で昨年の6月にセミナー開催の
1通の Eメールが届きました。

関連記事

Follow SNS

電話カウンセリングのボイスマルシェに、専門家として参加しています