自分らしくいきいきと輝きたい女性のための ライフプランサポート

menu

50代から考える明るいセカンドライフのはじめ方|池田幸代

不動産が動くとき

 

福岡・久留米のファイナンシャルプランナーの

池田幸代です。

 

 

今日の写真は

ある会社の応接室です。

 

この場所で、新築工事の打ち合わせや

物件の引き渡しが行われます。

 

 

 

 

思い出のつまった家

 

 

マイホームを現金で買う人は

とても少ないでしょう。

 

多くの人が住宅ローンを組んで、

長い期間かかって支払い

自宅を手に入れます

 

 

その家で

たくさんの思い出をつくり

毎日を過ごします。

 

庭には

自分の好きな花々が

植えられていることでしょう。

 

 

その愛着のある家で

心静かに老後を過ごしたいと

思うのは当然のことです。

 

 

 

簡単に買えるものではないけれど

 

不動産は建物にしても

土地にしても

簡単に買えるものではありません。

 

 

それなりの覚悟が必要です。

 

 

同じように売る場合も

 

どうしても換金して

事業資金を作る必要があったり、

その土地を離れることになったり、

 

辛い気持ちを乗り越えての

決断があると思います。

 

不動産を扱う関係で、

いろいろな話が持ち込まれます。

 

 

 

最期をどこで迎えるのか

 

まだ介護が必要という程度でなくても、

身体の不調や変化が

高齢になると起こります。

 

離れて住んでいる子どもは

両親が元気で過ごしているかが

気になります。

 

子どもさんと離れていれば、

子どもさんを装った

振り込め詐欺も心配です。

 

 

親族が近くにいることは

高齢になればなるほど

大きな安心に繋がります

 

思案の末に

子どもさんが住む東京に移住なさった方が

いらっしゃいます。

 

結果的に

今まで住んでいた家を

処分する決断をなさいました。

 

 

 

不動産の換金性

 

不動産は価格も高額ですし、

景気の波も影響して

すぐに換金できるものではありません

 

 

特に不景気のときには

なかなか買いたいという人も

現れません

 

 

所有するにも

コストがかかります

 

 

需要がある時でなければ

売却は難しいのです。

 

 

いざ、相続が開始して

土地を処分しようとすると、

足元を見られて安い値段になると

言われています。

 

驚くほど値段を下げても売れない時期が

そう遠くない昔にありました。

 

市況の環境からする

今は売りやすい時期です。

 

 

しかし、そうは言っても

手放すことには忍び難いものがあるでしょう。

 

 

親の相続財産を処分する場合

自分の所有財産を処分する場合では、

その物件に対する思い入れが

違います。

 

 

売主の立場に立ったとき、

「いい人に譲りたい」という気持ちが

痛いほどよくわかります。

 

 

普段動かないものだからこそ、

不動産が動くときには

ドラマがあります。

 

 

 

関連記事

Follow SNS

電話カウンセリングのボイスマルシェに、専門家として参加しています