自分らしくいきいきと輝きたい女性のための ライフプランサポート

menu

50代から考える明るいセカンドライフのはじめ方|池田幸代

必要とする人のもとへ

 

福岡・久留米のファイナンシャルプランナー

池田幸代です。

 

 

今週は私のセミナーに

お越しいただいた方の主催で

飯塚におじゃましました。

 

 

 

 

 

ご縁をいただいて

 

学校教育の中では

お金のことについて勉強する機会が

ありません。

 

そのまま社会人になって、

新しい知識を身につけようとすると

「わからない」「難しい」

という気持ちが先に立ちます。

 

 

「お金の知識を身につけたい」

という方の集まりに

講師として伺っています。

 

今回は飯塚での初開催でした。

 

 

 

写真は、新飯塚駅付近の

建設中のマンション。

 

何気なく歩いていて

「絵になる」と思って撮った一枚です。

 

駅に東口ができて

マンション建設が進んでいるそうです。

 

 

同じ福岡県内に住んでいても

ご縁がないと行かない所があります。

 

筑豊地方の飯塚もその一つです。

 

 

伺う途中、収穫期を迎えた

麦秋の筑後平野が広がっていました。

 

 

 

 

同じ世代でも二極化

 

主催された方のお話です。

 

声をかけた60代前後の人の反応が、

興味を示す人とそうでない人とに

はっきり分かれたそうです。

 

「年金生活だから・・・」と

話を聴いても意味がないと思った人もあり、

ご自分でも意外に思われたそうです。

 

 

2016年9月の発表によると

男性の平均寿命は80.79歳

女性の平均寿命は87.05歳です。

 

 

60代だからこそ

できること、すべきことが

たくさんあります。

 

 

そして、健康だと思っている時間は

そんなに長くはないのが

60歳代でもあります。

 

 

 

介護の経験を活かして

 

現在進行形で

夫の両親の介護をしています。

すでに20年を超えました。

 

 

参加者はみなさんお元気なので、

介護の具体的なイメージが

わきにくいようでした。

 

 

今回のテーマは

「老後資金にどれくらいかかるか」

知るための内容でした。

 

 

子どもへの結婚資金援助

介護サービスにどれくらいかかるのか、

70歳からの医療費の傾向などを

具体例をとおして学んでいただきました。

 

 

何をどう選ぶかで

費用面で差があること

 

漠然とした不安をなくすために

すべきこと

 

自分がどのように老後を過ごしたいか

をイメージすること

 

「えっ、そうなんだ」と

知ることを目的にしました。

 

 

 

 

 

学びはいつからでも

 

この飯塚でのミニセミナーは

継続的にお金の勉強をしていくことに

なりました。

 

 

金融商品や保険を売るための

セミナーをしていません。

 

 

勧誘や販売が目的だと

本当に必要とする人へ

伝わらないと思っています。

 

 

60歳からの時間は

今までできなかったことにチャレンジする

いい機会です。

 

 

よりよくセカンドライフを過ごしたい方への

お手伝いができることに

幸せを感じています。

 

 

 

 

関連記事

Follow SNS

電話カウンセリングのボイスマルシェに、専門家として参加しています