自分らしくいきいきと輝きたい女性のための ライフプランサポート

menu

50代から考える明るいセカンドライフのはじめ方|池田幸代

確定申告はお済みですか?

お金と老後のお困りごとコンシェルジュの
池田幸代です。

プロフィール 1

所得税や贈与税の確定申告のシーズンですね。

先日、確定申告を終え
取引銀行に申告書の控えとコメントを
お渡ししました。

 

バラバラ銀行に訪問されても困るので
「支店で一番をめざしてます」と言いながら
さっさと話を切り上げて帰ってきました。

 

確定申告

会社員には関係ないこと?

確定申告は自分には関係ない
思っている人は多いと思います。

ただし
1.2000万円超の給与
2.2か所以上からの給与
3.  20万円以上の副収入
がある人は申告の義務があります。

また、病気やケガで多額の医療費を支払った場合
自然災害などで出費がかさんだ場合
所得税が還付されることがあります。

医療費控除は申告した経験がある方は
多いと思います。

 

医療費控除

医療費控除とは
所得200万円以上の人
医療費支払額から10万円を引いた額

所得が200万円未満の人
医療費支払額から所得×5%を引いた額
控除対象となります。

計算は家族ひとりごとに病院・薬局別に
計算していきます。

また、生命保険からの給付金や高額療養費など
医療費からは差し引きます

 

薬

 

ここで忘れてはいけないことがあります。
それは
介護サービスでも医療費控除の対象になる
ケースがあることです。

たとえばデイケアだけを利用しても
医療費控除にはなりません。

しかし、デイケア通所リハビリを利用すると
両方が医療費控除の対象になります

注意点としては
領収書に「医療費控除対象額」の記載が必要です。

この記載がない場合、事業所に頼んで
記載のあるものを再発行してもらことに
なります。

 

こんな失敗もありました

入院が長期化し医療費がかかりました。

入院しているので大丈夫だと思っていましたが、
医師の「おむつ証明書」をもらっていないがために
おむつ代が医療費控除の対象になりませんでした。

このおむつ代は処分費を含んでいるので
1年間では数万円という数字になります!!
ああ~、残念!

 

今年我が家では
この医療費が100万円を超えました!

決して喜ばしいことではありません。
医療費のお知らせを見ると
入院1か月で、100万円くらいの請求額です。

いくら保険料を支払っているとはいえ、
毎月9割を誰かに支払ってもらっていると考えると
「ありがたい」と感じずにはおられません
確定申告の期日は3月15日までです。
税金が戻ってきそうな方は
まだまだ間に合いますよ。

 

水仙

 

関連記事

Follow SNS

電話カウンセリングのボイスマルシェに、専門家として参加しています