自分らしくいきいきと輝きたい女性のための ライフプランサポート

menu

50代から考える明るいセカンドライフのはじめ方|池田幸代

自分にできる小さなことから

 

福岡・久留米のファイナンシャルプランナー

池田幸代です。

 

 

 

この連休中、お出かけの方も多いでしょう。

 

地元久留米市では、女性週間として

10月7・8日に

「くるめフォーラム2017」が行われました。

 

 

 

市民レベルでの意識の改革

 

久留米市では

男女参画社会をめざすために

条例があることを数年前に知りました。

 

 

最近、「働き方改革」という言葉を

よく耳にするようになりましたが、

 

今までの在り方・習慣・意識を変えていくことは

簡単にできることではありません。

 

 

女性が自分らしく生きていく

お手伝いをする機関が

「久留米市男女平等推進センター」です。

 

そして、その条例が制定された年から

行っているイベントが

「くるめフォーラム」です。

 

今年も実行委員として

1月から携わてきました。

 

 

 

ここにも高齢化の影が

 

登録している団体や参加者をみると

60代や70代の元気な方が

多いようです。

 

幅広い方に知っていただくため、

地元の短大や高校にも

参加を募りました。

 

地元の製菓メーカーと高校生がコラボして

かわいい「くるっぱ」のパンも

出品していただきましたよ!

 

 

 

 

 

年代を問わずいろんな考え方の方々と交流でき、

日頃出会うことがない方と

話す機会を持つことができます。

 

 

 

 

 

よりよいまちづくりを目指して

 

 

久留米市は野村総研の調査で

全国主要都市100都市の中

総合ランキング9位

ポテンシャルランキング5位になりました。

 

 

上位に入った項目では以下です

・移住者にやさしく適度に自然がある環境で働く

・リタイア世代が余生を楽しみながら仕事ができる

・子育てしながら働ける環境がある

 

 

まだまだ住んでいて

その実感はありません。

 

久留米市の検証会議では

イメージ戦略が必要との声も。

 

 

本年度はご推薦をいただき、

久留米市の生涯学習センターと

男女平等推進センターの

運営委員をさせていただくことになりました。

 

 

久留米市の議員さんや学識経験者などで

組織されており、

今まで経験したことのない場での会議です。

 

 

市民レベルの率直な意見を反映すべく

選ばれたのだと思い

お受けすることにしました。

 

 

自分にできることで

「住みやすいまち」になるお手伝いができれば・・・

と感じています。

 

 

関連記事

Follow SNS

電話カウンセリングのボイスマルシェに、専門家として参加しています