自分らしくいきいきと輝きたい女性のための ライフプランサポート

menu

50代から考える明るいセカンドライフのはじめ方|池田幸代

起業をするなら

お金と老後のお困りごとコンシェルジュの
池田幸代です。

プロフィール2

さわやかな風を感じる毎日をすごしています。
この週末、運動会というところもありますね。
もうすぐ梅雨かと思うと
この晴れ間を有効に使いたいものです。

 

新緑

 

だんだん慣れてきました

ただいま毎週大阪に通っています。
週の半ばの水・木曜なので、
実質動ける曜日が少ないのが悩みです。

飛行機

 

大阪に飛行機で移動するのも慣れました。
緊張せずに時間を過ごせるのは
ありがたいです。

最初は待ち時間が多くて
飛行機はもったいない
と感じていました。

新幹線よりは細切れな時間ですが、
いろんなことを考える時間ができ
1泊2日の旅もなかなかいいものです。

 

 

起業ブーム?

 

起業支援セミナーや創業セミナーなどに
参加したことがあります。
結構女性の参加者が多いなぁと感じます。
Facebookのお友達の中の
「起業女子」の方の投稿で
学ぶことや触発されることがたくさんあります。
SNSの普及で宣伝費をかけずに
営業できるようになりました。

 

働き方の選択肢も増えてきています。

 

新しいチャレンジに取り組む

 

セカンドライフをどんなに過ごすのかは
「わくわく」の部分と不安な部分とが
混在していて複雑なものかもしれません。
再雇用で働く
シニア起業をする
趣味に時間を割く

 

いずれにしても
選択権はあなたの手の中にあります
今からいろいろ模索しながら
考えてみてくださいね。
私の場合、セカンドライフというには
少し早いのですが、
家庭環境の変化のため次を考えています。

 

「わくわく」というより
どうしよう・・・の不安の連続です。

シャボン玉

 

 

相談する大切さ

 

手探りで開業の準備をするのは
精神的にたいへんですし、
知らないことだと失敗も多いと思います。
そして何と言っても
スピードが違うと思います。

 

今までの経験の外のあることで
トライしてみようとするときは
どんどん相談窓口を利用しましょう
商工会議所公共機関では
女性の起業を支援してくれる部署もあります。

 

融資にしても
日本政策金融公庫では女性だからこその
借入方法があります。

 

行きつけの美容室のお話です

一年ほど前にチェーン店だったお店を買い取り
オーナーになられた方なので、
美容師としてはキャリアがあっても
経営者としては歩み出したばかりです。
カットしてもらうときは
たわいない話をするのですが、
担当が代表者なので経営の話をよくします

 

先日も「キレイになること」よりも
経営の話ばっかりしてますね・・・と
二人して笑ってしまいました。
起業する場合、専門家に相談するのは
敷居が高いかもしれません。
相談料がいくらなのか?
どこの先生のところがいいのか?

考えることで
動けなくなってしまいます。

 

そんなときは
遠慮せずに
商工会や商工会議所に相談してみてください。

 

専門家の派遣や相談も行っています。
意外な展開で起業や業績改善ができたりしますよ。

image5

 

 

 

 

 

関連記事

Follow SNS

電話カウンセリングのボイスマルシェに、専門家として参加しています