自分らしくいきいきと輝きたい女性のための ライフプランサポート

menu

50代から考える明るいセカンドライフのはじめ方|池田幸代

長期間お休みをいただきました

お金と老後のお困りごとコンシェルジュの
池田幸代です。

 
長期間にわたり投稿をお休みいたしました。
病気ではないかと思われた方もあり、
ご心配をおかけいたしました。

ただ毎日投稿することばかりに気をとられ、
ほかの仕事とのバランスが難しく
積みあがった書類の山をかたづけていました。

 

トラブルは続くものです

仕事が立て込んでいたことに加えて
11月中旬からFacebookの認証がうまくいかず、
へこんでいた事実もあります。

 

「なんでこうなるの~?!」
iosをバージョンアップしたら
いきなりアカウント認証できなくなりました。

連日のブログの不具合も手伝い
ちょっとお休みのつもりが
半月にも及んでしまいました・・・。

 

横浜・みなとみらいへ行きました

ずーっと昔、約30年前に横浜に行ったっきりでした。
とても新鮮!!!

ホテルに着くとレディースルームに空きがあるので
同料金で海側のお部屋に変えていただきました。

 

横浜・桜木町に行かなかったあなたに
みなとみらいの夜景をプレゼントします!

 

みなとみらい

この風景がお部屋から眺められるなんて
・・・・・ラッキー!!

夜は寒いのでどこにも外出せず
ロマンチックなイルミネーションを
何もせず見ていました。

何もしない
至福のひととき (^^♪

 

ランドマークビルの中にあるお店で
幼稚園からの幼なじみと
お茶しました。

ミルクレープ

「ミルクレープ」
これもおいしくいただきましたよ。

なんだ、遊んでいただけじゃない。
そう、そのとおりです。

 

再発見と休養の旅

当日までホテルがどこにあるのかも調べず、
観光も全く考えず、
ただひたすらホテルで眠ることだけがのぞみでした。

相当疲れていて
出発前の夜は21時まで仕事をして
帰宅するなり「おやすみなさい」でした。

こんなことは
めったにないんですけど。

 

当日の朝も早く起きることができず、
「東京行きの飛行機に乗れるのかな?」
母のお泊まりの送迎もあるのに・・・状態。

最悪、Eチケットと財布だけ持っていけばいいか!

相当な開き直りでした。

 

赤レンガ倉庫

 

ある意味「横浜」には特別な思いがあります。

実は夫の祖父は明治時代に若くして渡米しました。

ポテト王牛島謹爾のもとで農場の一つを任されていました。
牛島謹爾は昨年生誕150年を迎え、地元久留米では
記念展が開かれています。

アメリカ・サンフランシスコへは
この横浜港から船が出ていました。

海を眺めながら
横浜港から日本をあとにした祖父を思いました。

 

福岡から横浜までも
今のように飛行機ではない時代に
どのくらいの日数をかけて渡米したのでしょう。

 
たいしたことでもないのに
落ち込んでいる自分が
恥ずかしくなりました。

横浜の街を歩いているうちに
元気が戻ってきました。

 

桜木町の朝

 

 

 

 

関連記事

Follow SNS

電話カウンセリングのボイスマルシェに、専門家として参加しています