自分らしくいきいきと輝きたい女性のための ライフプランサポート

menu

50代から考える明るいセカンドライフのはじめ方|池田幸代

高齢者の交通事故

 

福岡・久留米のファイナンシャルプランナー

池田幸代です。

 

 

日本の人口の4分の1以上が高齢者です。

 

 

最近では、初心者マークより

高齢運転者標識(四つ葉マーク)

目にすることが増えました。

 

 

 

 

高齢運転者標識

 

 

高齢運転者標識は、

「四つ葉のクロバー」をモチーフとして

4色に塗り分けられた標識です。

 

 

以前の標識が

落ち葉や枯れ葉にみえることから批判が強く、

2011年に現在のデザインに変更されました。

 

 

高齢運転者標識は1997年に

75歳以上を対象に導入されました。

 

2002年6月1日には、70歳以上

対象年齢を引き下げられています。

 

 

しかし、この標識の表示は

努力義務規定です。

 

表示していない場合でも、

違反者に対する罰則はありません。

 

 

高齢者の運転事故

 

高速バスに乗ったある日、

バス会社の方同士で

「熊本の○○付近で逆走車がある」

と話していらっしゃいました。

 

 

ニュースの世界にとどまらず、

身近なところで起きることに

不安を感じたものです。

 

 

2017年3月に施行された改正道路交通法では、

75歳以上は免許更新時などに

認知機能検査を受けることが

義務付けられました。

 

 

警視庁の調べによると

 

全国で2016年までの10年間に起きた

ブレーキとアクセルの踏み間違いによる

死亡事故のうち、

 

65歳以上の高齢者の割合

74.7%を占めているとの発表がありました。

 

踏み間違いの死亡事故は

10年間で416件も起きています。

 

 

ある一定の年齢で

運転免許証を返納する決断も必要です。

 

 

運転中より歩行中が危ない

 

実は交通事故は「運転中」に限ったことでは

ありません。

 

人口10万人当たりの交通事故の比率でみると

「運転中」よりも「歩行中」の

交通事故の方が多いのです。

 

 

高齢になると身体機能が

落ちてくるので、

反射的に行動することが難しくなります。

 

 

しかし、そればかりが要因ではありません。

 

高齢になるほど、

自分が交通違反をしたことで

事故に遭うことが多くなっています。

 

 

交通事故の人口10万人当たりの死亡率は、

60~64歳で3.3人です。

80~84歳では22.45人

85歳以上では20.99人と増えてきます。

 

 

さらに事故にあった高齢者の半分以上が

自ら交通ルールを守らなかったことにより、

事故につながっています

 

 

先日も、朝の通勤中に

車と車の間から急に飛び出した

高齢者との対応で出社が遅くなった話を

耳にしたばかりです。

 

 

 

 

高齢者の自覚が必要

 

 

高齢になると

「色の見えづらさ」や「文字が見えづらい」、

「視力・目のかすみ」などが多くなります。

 

これは、「信号の赤か青が分かりづらい」

「信号機の青印 → が見えない」などの

事故に結びつきやすくなります。

 

 

そして、悪いことに年齢が上がるほど

「色の見えづらさなどを感じない」という

回答がふえていきます。

 

※色彩検定協会

「色と高齢者に関する実態調査」より

 

 

自分では認めたくはないと思いますが、

視力や運動機能の低下を

自覚することが事故の防止につながります。

 

 

 

関連記事

Follow SNS

電話カウンセリングのボイスマルシェに、専門家として参加しています